読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三品のまいこ

看護師さんはハードワークですね。くれぐれも過労死をしてしまわないように自らを気遣ったほうがいいかもしれません。


条件が要望に沿っていなければ職場を変えることを念頭に入れてみてちょうだい。長期の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を要する病気になれば、バリバリと働くことも難しくなります。



あなたの体調のことはあなた以外の誰も守れません。

今でも、看護師は人手の不足が叫ばれています。
この人手不足をなんとかするには、現在、看護師の資格を取得していながら看護の職業から離れている人に、もう一度、看護師としての仕事に就いてもらうのが良いと思われます。柔軟な働き方ができるよう医療機関が良くしていく事が必要です。



看護師をやめたいと思っている人は、実際、とても多い数になってしまっています。一番のわけは、厳しい労働で体調不良になってしまったり、給与について不満に思っていたり、職場の複雑な人間関係で精神的に切羽詰ってしまったりといったことが多数です。看護師が技術力をつけようとしたり、ステップアップするにはいろいろな道筋があります。

働いている病院から自分を生かせるような他の病院、医療施設などで働いてみるのも選択肢の1つです。それだけでなく、最新の技術とかもっと幅広い知識を身につけるためにも看護にちなんだ資格を取得するのもステップアップできるでしょう。早くに退職する看護師は想像以上に多いのです。

女性の職場だけに、人間関係が悪くなりやすく、再就職が簡単なことがあるでしょう。

http://i6toclmraasncpp3enoih.hatenablog.com/


他の仕事と比べて再就職しやすいため、要望労働条件と著しくちがう場合、躊躇なくやめ、もっといい病院に転職する人も珍しくありません。看護師の仕事は、すごく重要で、どんな病院とか医療施設でも絶対に必要な大切な担務を背負っているといえます。まあまあ責任重大な仕事ですし、夜勤のように一般的でない勤務形態があるため、寝る時間の少ない看護師も少なからずいます。
なので、看護師というものは健康の管理を行なうことも必要な仕事だといえます。看護師は大変なこともいっぱいある仕事ですが、一生継続しやすい仕事であるというふうにも考えられています。結婚とか妊娠で、一回休みを取った場合も、復職しやすい仕事です。レベルの高い専門性が産休の後の復帰のしやすさに関わっているといえるでしょう。


生涯、就職先に困らないとされる一方、離職の割合が高い仕事でもあります。



私の叔母が、とうとう離婚をして地元に戻ってきました。


久々に会うことになった叔母は想像していたよりもげんきそうで、「私には看護師資格があるんだから、仕事に困ることはない。
誰かの世話になんかならなくっても十分に生活していけるわ」と強がりではなく、笑っていました。